痔・脱肛」を”人知れず”治す、

お金がかからないの治療法



医者や薬に頼らなくても”痔、脱肛”は治せます。





いまから、あなたの”痔、脱肛”を、

お金を使わず、誰にも知られることなく

完治させる方法
を紹介いたします。



痔や脱肛で悩み苦しむあなたのために、

その苦しみから解放される方法の全てをお話させてください。




「痔」の痛みや苦しみは経験した人にしか分からない、

それはそれはつらいものですよね。


「痔」といっても、様々な症状があります。


排便中だけでなく、トイレを出た後でも延々と続く、我慢できない痛み。

神や仏にでもすがりたくなるような苦しみ。

ひどい時には、歩く事もできなくなるほどの激痛。

出血でもしていようものなら、おしりの部分に血がにじみ出てきてないかが不安で、

仕事や勉強などに集中することもままなりません。


女性なら、妊娠による”便秘”から[切れ痔][いぼ痔]を引き起こしたり、

出産時には更に”いきみ”による[脱肛]の痛みや違和感で苦しむ危険もあります。


これらの症状も簡単に治療ができればいいのですが、

そうもいかないのがこの病気の”厄介”なところです。


なぜなら、「痔」は人体の最も”恥ずかしい場所”肛門にできる病気のため、

  ・ 医者に行って診てもらうのは、気がひけてしまう。

  ・ 
恥ずかしくて誰にも知られたくないから相談もできない。

  ・ 
できれば人知れずこっそりと治したい。

などの理由から、症状にあった”治療法”を見つけることが難しく、

そのために適切な治療ができないからです。


ここが他の病気とは違う厄介なところですよね。


以上の理由から、「痔」は簡単には治らない”難病”といわれています。

日本人成年男女の内、3人に1人が「痔持ち」という統計が示すとおり、

数多くの人が「痔」で悩んでいます。


”やまいだれに寺と書く”文字通りお墓(寺)まで持っていく病気とは、よく言ったものです。


でも、この”痔”を医者に頼らず誰にも知られることなく、

無駄なお金をかけずに完全完治させる治療法があるとしたら・・・。


きっと興味を惹かれることと思います。



「そんなものがあるとしたら、もったいぶらずに早く教えろ!



わかっています。

そのためにこのサイトを公開したのですから。


これから、「痔、脱肛の治療」をするにあたって重要な話をします。

順を追って説明しますので、今しばらく私の話に耳を傾けてください。



まず、痔になると、ほとんどの人が「市販薬」という便利なもの(?)に頼ります。

痛みを和らげる”即効性”や、出血を止める”作用”があり、

他の人に知られずに使用する事ができるため、多くの人に頼られています。


数十種類もある市販薬、時には漢方薬で「痔」は一時的には沈黙することでしょう。


「この薬で治ったのだから、また痔になった時はこの薬で・・・」


ちょっと待ってください!


その考えが”大きな間違い”の一つなのですよ。


「また痔になったら」なんて、再びあの苦しみを繰り返すつもりですか?


痔は、さまざまな理由で肛門部の血管がうっ血することが原因で起こります。

ある日突然できてしまったように感じてしまいがちですが、そうではありません。


実は、自分でも気が付かないうちに着々と「痔」になる土台(根本)を築いてしまっているのです。

そして、ある時に何かしらのきっかけで一気に症状となって現れます。


痔で苦しんだ人なら分かると思いますが、薬を使って治ったとしても、すぐに再発しますよね?


何故だと思いますか?


それは、薬では「表面上の治療」にしかならず

根本的な治療」にはならないからです。



一見消滅したように見えても、体の奥底で再び出る機会をうかがっているのです。



身近なもので、”草刈り”を例にしてみましょう。

雑草は刈っても刈ってもすぐに生えてきますよね。

これは、茎や葉っぱ(表面的な部分)を取り除いても、

根っこ(根本的な部分)がまだ残っているからです。

大もとの根っこを取り除かないと、雑草はなくなりません。

刈っては生え、刈っては生えの「イタチごっこ」になってしまいます。


「痔」だって同じことです。


痔の元となる根本的な原因を解消しなければ、完全に治ることはありません。

再発を防ぐことはまず難しいでしょう。




薬での「表面上の治療」だけで満足していると、再発するたびに症状もひどくなり、

身体も薬に慣れていってしまうので、より強力な薬が必要となっていきます。

繰り返していると、やがて”最悪の事態”におちいるケースも・・・(これは後述します)


急な”事故”によるケガに対しては、ケガの”土台”ができているわけではありませんので、

薬や外科手術による治療も有効だと思われます。


しかし、長年のうちに築き上げた”痔の土台”を薬で短期間で崩して治してしまおうというのは、

少々無理な話だと思います。


実際、痔の治療薬は”根本的な部分”を治療するのではなく、

表面上の部分の”痛み”を緩和することで、「治った」と錯覚させているだけなのです。


その証拠に、薬で治るなら”難病”なんていいません。

そして、痛く恥ずかしい思いをしてまでも”手術”する人なんていないと思われます。


これが、「薬に頼っても痔は完治しない」ということの根拠の一つです。



さて、私がこのような事を説明するのは、何故だと思いますか?


それは、

あなたに無駄なお金時間をつかわせたくないからです。

私の”二の舞”にならないでほしいからです。



申し遅れました。

25年という長い間「痔と便秘」に悩まされ続け、そして戦ってきた、

専門家には分かることの無いであろう情報と経験を持つ ”痔の研究家 「鈴木」” と申します。


私の四半世紀にも及ぶ「痔獄の歴史」はそれはつらいものでした。


小学校中学年の時、排便後に初めて経験した「肛門の痛み」。

最初こそ、驚きと不安でどうしていいか分かりませんでしたが、

数日で痛みも消えるので、何度か経験するうちに、慣れからか大して気にもしなくなりました。


小学6年になってからは痛みもひどくなり、恥をしのんで親に相談。

屈辱の肛門検査で、それが”いぼ痔”であると、初めて知らされました。


なんで小学生の自分が痔になるんだよ。俺はまだ子供だよ・・・


と、大人特有の病気だと思っていたので、かなりのショックと屈辱を受けました。


小学6年生にもなると、もう立派に恥ずかしさを感じる年頃です。


「肛門にイボができて痛いなんて、絶対誰にも知られちゃいけない。

バレたら最後、バカにされるかイジメられる。そんなのは絶対いやだ!」


と、子供ながらに考えて、時々襲い来る”いぼ痔の期間の苦痛”を一人悩み耐えてきました。


親からは、医者に行くことを勧められるので、「治った」とウソをついて逃げていました。

恥ずかしくて他の誰にも相談できず、少ない小遣いでは薬を買うこともできません。


そして、小・中・高校と学年が進むにつれ、症状もだんだんとひどくなり、

その間も誰に相談することも無く、じっと一人で痛みに耐え続けてきました。


やがて、高校を卒業して社会人になり、初めての「給料」を貰った時、

「欲しかった時計を買った。」

「ブランドの財布を買った。」

「オシャレな服を買った。」

という友達がいる中で、

私が最初に買ったのは”痔の薬””痔の専門書”でした。


なんとも不憫な話だと思いませんか?


みんながオシャレや遊びにお金をかける中で、

私だけ”痔の治療”にお金を使い続けるなんて・・・



それからも、痔の苦痛から逃れたい一心で、いろんな薬を試しました。


座薬、軟膏、飲み薬、漢方薬、どれもかなりの高額です。

時には「週刊誌」の広告にあった、1ヶ月分で2万円以上もする”怪しい薬”など、

薬の買えなかった時のつらい思いを消し去ろうとするがごとく、惜しみもなく買いあさりました。

そして、その間に読んだ文献や専門書は軽く2桁を超えています。


その結果、15年程で「300万円以上」も治療のためだけに使ってしまったのです。


「痔の治療で300万以上も使ったおかげで、

やっと”痔”を完治することができました。」



と、なれば、大金はたいた甲斐もあるでしょう。

しかし、いっこうに治るきざしさえない状況に悩んでいたのが、事実です。


確かに、薬で症状が一時的に和らぐ事もあったのですが、すぐに痛みもぶり返します。

専門書のおかげで「知識」だけは身に付けることができましたが、

どれも同じような事しか書かれていないので、画期的ではありませんでした。


薬に頼ってもダメ、本を読んでもダメ、

実際、完治とは程遠い現実に絶望さえ感じてしまっていたのです。


私の”痔”は、

 「いぼ痔(内痔核→出血)(外痔核→激痛)」

 「切れ痔→出血+痛み」

 「脱肛→肛門の脱出と痛みと違和感」

という、3重苦でした。

おまけに”便秘”も加わっての4重苦。

最早、”手遅れ”といえるほどの酷い「症状」のものでした。


「そんな状態なら、医者にいって手術すれば良かったのに。」


と言う意見もあるでしょう。


でも、私は「手術」に踏み切る事はどうしてもできなかったのです。

なぜならば、私の身近な人たちの”手術の体験談”を知っていたからです。


「術後、肛門の締りが悪くなり、力を入れると便が漏れてしまう。」

「手術後に傷口の塞がりが悪く、3ヶ月の入院を余儀なくされた。」

「麻酔をかけると傷口の治りが悪くなるといわれて、麻酔なしの手術で地獄の苦しみを味わった。」

「看護学生(若い女の子)達の”見世物”にされ、大変な屈辱を受けた。」

「術後半年も経たずに再発し、再手術することになった。」



などといった話を聞いていた為、ハナから手術は問題外だと考えていたからです。

実際、外科手術で治って、喜んでいる人もいるでしょう。

しかしこのように、手術をしたことで苦痛後悔を感じている人がいるのも事実です。


これが医者を避けていた私の大きな理由です。



運命は決められたものではなく、自分で切り開くもの”



薬は思うような効果はでない、文献は役に立たない、手術はもってのほか、

もはや「痔の完治への道」が絶たれてしまい、絶望まで感じた私に、

これからの人生を左右する
大きな転機”が訪れました。


”痔獄”の生活から抜け出すきっかけとなる、

ある
”出来事”がこの身に起こったのです。



それは、私の悩みを真剣に受け止めてくれるパートナーとの”結婚”です。


結婚したことによって、独身の時のような乱れた生活環境がなくなり、

食生活や睡眠が正しくなりました。

気のせいか、「痔」のほうも快方に向かっている様な気がしました。


何よりも、私の悩みを理解してくれる人がそばにいるだけで、大変心強く思えます。

長い事、一人悩み苦しんできたあの”孤独感”はもう、少しもありません。


それでも、良いことばかりではないのが「人生」です。


新婚生活にも慣れてきた時、妻の”妊娠”が判明し、喜びもつかの間、

その時におこなった子宮がん細胞検査」でガンの疑いがあるとのこと。

まるで、”奈落の底”にでも突き落とされたようなショックを受けました。

出産には影響がないと判断されたことが、せめてもの救いでした。


しかし、これからの出費の事を考えると、

私一人の少ない稼ぎでは、「痔の薬」を買い続ける余裕はありません。


さらに追い討ちをかけるように、妻は重度のツワリのせいで寝たきり状態。

脱水症状も引き起こした為、数日に一度の「点滴治療」を余儀なくされました。


そして極めつけは「切迫早産」での長期入院

毎日24時間、常に「点滴(お腹の張りを抑える)」をしたまま、

用を足す時以外では、基本的にベッドから降りることも許されません。

個室のためもあって、一日”1万円”以上の自己負担がかかります。(正直言ってキツイです)


生活や金銭面で私に負担をかけて申し訳ないと、

いつも泣きながら謝り、身も心もすっかりやつれ果ててしまった妻が、可哀想でなりませんでした。


こんな時こそ頑張って、安心して彼女が出産に臨めるようにしてあげるのが、私の役目です。

大切な赤ちゃん”と”その子を育んでくれている大事な妻”のことを思うと、

仕事にもよりいっそうのやる気もでて、

「自分が家族を守るんだ」という気持ちも日ごと強まりました。


そして痔の苦しみも、彼女の苦しみに比べたらどうって事ないと自分に言い聞かせ、

疑問を持ち始めていた”治療薬での治療”も無駄な出費と考え、きっぱり止める事にしました。


この考え方と行動こそが、

「痔持ちの生活」から
開放される、

大きなきっかけとなったのです。



今まで使ってきた300万というお金は私にとっては大金です。

その大金を出しても完治しなかったのだから、無駄な治療費だったのでしょう。

いまさら過去を嘆いても、何にも始まりません。


それなら、生活が苦しくなった事を理由に、

お金を使わずに治すことはできないか?」

と考え、苦悩の年月の末に蓄えた知識と経験を基に、自分なりの治療を始めてみました。


すると、いままで治療薬に頼り切っていたせいで分からなかったことや気付かなかったことが、

薬の使用をやめてから、
面白いほど分かるようになりました


薬の効果で麻痺していた痛みが、ダイレクトに感じるようになり、

それを和らげるためにとった様々な行動から、それぞれの効果を再確認することができました。


時には、痔の治療の「常識」といわれる事に、あえて逆らってみた結果、

必ずしも正解と言えない「常識」があることに気付くこともできました


苦しみから逃れるために、独自で考えた方法を自分の身体で実験して、

”裏技”と呼べる治療法も編み出すことができました。


こうして、薬に頼らず、大きく目を広げることで、

「机上論」の専門家には決して分かる事のない、

貴重な知識と経験を手に入れることができたのです。


「排便時」には、便器を真っ赤に染め上げる”鮮血”で悩まされ、

「排便後」は、延々と続く”激しい痛み”と脱肛による”違和感”に苦しみながらも、

きっと治る」と信じて自分なりの治療を続けました。


その苦労と努力の甲斐があって、

ついに、
「痔」を克服することができたのです。



”お金をかけない治療”を始めてから、半年足らずで完治することができたのです


まさに”奇跡”とでもいいましょうか。

いや、自分の「知識と経験」を信じて頑張ってきたからこその、結果だと思います。



元々頑固とは呼べないくらいの「便秘」は2週間程で、解消できました。

それに伴い、軟らかくなった便で「切れ痔」の症状もなくなり、排便の恐怖から開放されました。


便秘が解消したおかげで、排便時間も短くなり、肛門にかかる負担も少なくなったため、

「いぼ痔」のほうも、日を追うごとに”快方”に向かっていくのが体感できました。


1ヶ月もすると、「いぼ痔(痔核)」は完全になくなり、出血はもとより痛みも全く感じなくなりました

いぼ痔の苦しみから解放されることが、当初の最大の目標だったため、

大きな”達成感””満足感”を同時に得ることができ、嬉しくてたまりませんでした。


そして残るは「脱肛」のみ。


治療を始める前は、排便後にかかわらず、しょっちゅう脱肛していたものです。

ちょっと力を入れたり、力んだりすると、肛門が「プクッ」と出てしまいます。

その反対に、気を緩めても (肛門がゆるむ)、良く出てしまったものです


それでも、素早く元通りに戻す技(裏技)を身に付けていたので、

常に[出っ放し]という訳ではなかったのですが、実に厄介なものでした。


そんな脱肛もしばらくすると、排便時以外では全く出なくなりました。


ほとんど治っている状態です。

ここまで来ると、あともう一歩です。

完治までのカウントダウンが始まりました。


誰でも、いつでも、人に気付かれることなくできる「簡単な運動」で肛門を鍛えながら、

時には「裏技」を駆使しての治療で、ついに「脱肛」も完治することができたのです。

排便しても脱肛しない。治ったのです。

一番厄介だった「脱肛」が完全に沈黙


牡丹の花のような肛門が、綺麗な菊に戻りました


あの25年にもわたる【地獄の日々】を考えると、信じられないことです。

いや、きっと「完治できる」と信じてきたからこそ、治すことができたのでしょう。


本当に、心の底から”嬉しさ”がこみ上げてきました。


その喜びも覚めやらぬ内に、一緒に頑張った妻が「女の子」を無事に出産。

ガンの疑いは「妊娠のために細胞が変化したため」で、異常はないとのこと。

いっぺんに訪れた”幸福”に「神様仏様」の存在を感じたものです



「痔獄」から開放されたその後の状況は?


大丈夫です。6年ほど経った現在でも、再発はおろかその兆しもありません


つらかった長時間の移動も、なんの苦もなくなり、

いまでは、妻と3人の娘達と色々な所に遊びに行くことができます。


おしりの気にならない生活は本当に素晴しいものです。


「本来の状態に戻っただけ」だと言われればそれまでですが、

長年、痔や便秘に
苦しんできた者にとっては、何ともいえない”爽快感”があります。


すこし大袈裟な気もするでしょうけど、

まるで生まれ変わったように、本当に幸せな気分になります。


「痔」で悩んでいる人であれば、きっとこの気持ちが分かると思います。


そこで、


あなたにもこの”爽快感”を味わっていただきたい。


という強い気持ちから”痔を完治させる治療法”をまとめあげました。


それは、

・ 薬や医者に頼らない

・ 無駄なお金をかけない

・ 無駄な時間もかけない

・ 人に気付かれることなくできる

・ 誰でも簡単にできる

・ 治した後は再発させない


ということを重点的においた”治療法”です。


痔の悩み苦しみは、人一倍理解できる私です。

私の長年培った「知識と経験」は、必ずあなたの役に立てるものだと思います。

手遅れ状態だった私の痔を完治させることができたのですから。


そして、

「市販薬を使い続けている。」

「専門書の通りにしても改善されない。」

「医者に行きたくない。」

「手術は怖い。」

「手術をしたが、”再発”に悩んでいる。」

「人知れずこっそり治したい。」

「無駄なお金と時間を使いたくない。」



などと、少しでも思うことがあれば、是非試してみてください。

あなたの期待を裏切ることはないはずです。


市販薬だけで治ると満足しているのなら、それはそれでいいでしょう。

私の考えを押し付ける気はありませんし、製薬会社を敵に回す気もありません。


ただ、先にも挙げた”最悪のケースに陥る事態もある”ということだけ覚えておいてください。


なぜなら、痔の治療薬(痛みをとる鎮痛剤系)には、

「ステロイド」という物質が入っているのを知っていますか?

この「ステロイド」には消炎作用と同時に、強い副作用があります。


その一つに”皮膚を薄くしてしまう”という副作用があります。

ちょっとしたことでも出血してしまうほど、皮膚が薄くなってしまいます。


薬を強いものに替えていくことは、「ステロイド」がより強く入った物に替えるということです。

これを続けていれば、肛門の粘膜までもダメージを受けることになり、

突然の大出血に驚いて医者に駆け込み「緊急手術」

ダメージを受けた粘膜では当然傷口の治りも悪く、長期の入院が必要となることも
・・・


私の場合、「切れ痔」も持っていたため、幸運にもこのような難を逃れることができました。

「ステロイド入りの治療薬」は傷口にしみるので、

「いぼ痔」の痛みのひどい時以外は、使用を控えていたおかげです。


他にも痔は放って置くと、まれに「肛門ガン」に移行するといいます。

このガンになると、「肛門の摘出」いわゆる”人工肛門”の装着を余儀なくされます。


あなたは
”人工肛門”になってしまった生活を想像できますか?


そうならないためにも、「痔」がひどくならないうちに早めに対処してください。


私も一歩間違えれば、つらく悲しい人生を送ることになっていたかもしれません。

しかし、”結婚”という転機を迎えることによって確立できた「治療法」で、

未来を明るく変えることができました。


この時の嬉しい気持ちを、

痔で悩み苦しんでいる他の人達にも味わってもらいたい


できることなら、

一人でも多くの人を救ってあげたい


無駄な時間とお金を費やした私の、

二の舞には決してならないで欲しい


それらの思いから、この「治療法」を公開することにしました。


薬や医者に頼らず、無駄なお金をかけずに「痔」を完治させる治療法です。

そして、誰にでも簡単にできなければ「再現性」のないものになってしまいますので、

その点を考慮してまとめてあります。


私の25年間に及ぶ「痔」との戦いの集大成である治療法。

その名も



画期的痔治療法【痔・エンド】



この治療法を実践すると、

 

  • 苦しい痔(いぼ痔、切れ痔)の痛みから解放されます。

    痔の治療の中では、これが一番肝心なことです。

  • 出血を気にするわずらわしさがなくなります。

    突然の出血でおしりが赤く染まってしまうような、恥ずかしい思いをしなくてすみます。

  • 頑固な便秘がすっきりと解消できます。

    実は便秘は、痔になる大きな原因のひとつなのです。

  • 薬を使わないので、お金がかかりません。

    痔や便秘の治療薬は値段が高すぎます。

  • 「老若男女」誰にでもできる簡単な治療法です。

    難しい方法だったら、再現性のないものになってしまいますので。

  • 段々と健康的な身体に改善されていきます。

    厳しい食事制限などを行うわけではありません。

  • 簡単な体操(運動)で、思いもよらない「贈り物」が授かります。

    きっと、”性生活”が今まで以上に楽しくなることと思います。(実証済み)

  • 私が自ら編み出した”裏技”が役に立つことでしょう。

    苦し紛れに色々なことを試して身に付けた技です。

  • 痔や便秘の再発を完全に防止します。

    再発させないということが、本当の「完治」といいます。

                                                  
他にもいろいろありますが、あとは”是非“自分の身体で感じとってください。


私の長年の苦労と努力の集大成【痔・エンド】は、

真剣に「痔」を治したいと思うあなたの、大きな”ちから”となることでしょう


おそらく、これを超える専門書はこの世には存在しないかと思います。(少しいいすぎかも)


「なんか、胡散臭いな。」

「どうせ詐欺まがいの代物なんじゃないの。」

などと思われるのは仕方が無いことでしょう。

だって、変なネーミングですものね。


しかし、おかしいのは名前だけです。

中身はいたって真剣そのものの、真面目な治療法です。


もっとまともな名前を付ければよかったのでしょうけど、

多くの悩める人達の「痔獄の日々」に終わりを告げたい”という強い願いから、

あえてこう名付けることにしました。



さて、この画期的痔治療法【痔・エンド】にあなたは、いくらの金額を望みますか?

私が無駄な治療に使った金額を月で割ると、ちょうど2万円になります。


切羽詰った昔の私のような状況なら、この高い値段でもすぐに飛びつくと思います。

しかし、そんな状況に追い込まれている人は、そうそういないはずです。


なによりこんな値段では、購入をためらってしまうのが目に見えています。


そうすると、数多くの悩める人に「痔から開放された爽快感を味わって欲しい」という、

この強い願いが叶わなくなってしまいます。


しかし、私も”金銭面”は相変わらず厳しいままなので、無料というわけにはいきません。

申し訳ありませんが、「一ヶ月分の治療薬」を買ったと考えて、

                  6,666円 でいかがでしょうか?


この金額でも、「高い」と思うかもしれません。

でも、少し考えてみてください。


治る見込みのない薬を信じて使用していたため、

莫大な”時間とお金”を無駄にした男がいます。


一個100円(平均)の座薬を、一日3回×30日=9,000円かかります。

有名な漢方薬は、一週間分で5,000円、一ヶ月分で20,000円もします。


ましてや、「手術+入院」となれば数十万円はかかります。

それで再発したら、「掛かった金額」と「受けた苦痛」は、すべて無駄になってしまいます。


これ等をふまえると、7,777円は決して高いものではないと思います。


これから先の事を考えれば、どれが”賢い選択”か、あなたなら分かると思います。



これでもまだ高いと思うのなら、「メールサポートなし」という条件での超特価、

5,000円ポッキリ版も用意いたしました。

「サポートは必要ない。」と考えるのなら、かなりの買い得だと思います



そして今回、特別に「痔の大きな原因の一つ」となる”便秘”を解消することができる、

《便秘編》をプラスした【痔・エンド】を提供することにしました。


これは、通常の7,777円版も5,000円ポッキリ版でも同じです。


早ければ早いほうが「痔の治療期間」も短くなります。

この【痔・エンド】のほうも、薬や医者や専門家を否定する内容も掲載されているため、

各業界からの苦情や圧力があるかもしれません。

よって、いつまで販売できるか、私にもわかりません


販売差し止めになる前に、どうぞ、早めの”決断”をお待ちしております。

 

  

画期的痔治療法 便秘解消法
【痔・エンド】

サポートあり通常版

特別価格7,777(税込み)


お早めに申し込んでください。

商品の性質上、突然販売差し止めになることがあります。

予告なしでの終了、ご了承してください。

 


※画像はイメージです

(ダウンロード版:PDF160ページ)

特別価格 7,777円








 

画期的痔治療法 便秘解消法
【痔・エンド】

サポートなしポッキリ版

特別価格5,000(税込み)


お早めに申し込んでください。

商品の性質上、突然販売差し止めになることがあります。

予告なしでの終了、ご了承してください。

 


※画像はイメージです

(ダウンロード版:PDF160ページ)

特別価格 5,000円






 

【痔・エンド】は自信を持って提供できる作品です。

 

 

本来なら、作品の性質上「返品」「返金」は一切受け付けません、

と言いたいところですが、

それでは「リスクを背負うのはあなただけ」になってしまいます。

 

私を信じて、購入してくれるあなたに、

リスクを負わせることのない安心の保証を付けましょう。

 

こういうのはいかがでしょうか。

 
 
 

 ü    完治するまでの、無料メールサポート。

   何度でもかまいません。
  責任を持ってサポートいたします。


ü       60日を過ぎても、なんの変化も現れない時は、
  私の携帯番号をおしえます。(購入者様全員)

  直接、アドバイスを聞くなり、文句を言うなりしてください。
  私は逃げることはしません。

ü     そして、治療に取り組んでから180日過ぎても、
  何の改善もみられない場合は、ご購入時の金額を全額返金致します。
  「購入日」と「購入時の金額」と「お名前」を明記されて、
  こちらの↓メールアドレスまでご連絡ください。

theend(アット)zitikai.sakura.ne.jp (アットを@に変えて送信してください。)  
  その時に出来るだけで構いませんので詳しい状況をお知らせください。
  今後の商材の改訂に役立てたいと思いますので。
  確認後30日以内に、ご指定の口座に振り込み致します。

  振込み手数料などの諸経費はすべてこちらで負担します。
  貴重な時間を割いていただいた「あなた」に対するせめてもの「お詫び」で  す。
   もちろん【痔・エンド】は返品する必要はありません。


       *5,000円ポッキリ版は”返金保証”以外は省かせていただきます。

 

このシステムを悪用すれば、タダで商材を手に入れる事も可能です。

私も、危険な目に遭ってしまう可能性もあります。

 

ですが、私を信じてくれる「あなた」だからこそ、わたしもあなたを信用します。

そういった思いから付けることの出来るこの保証、いかがでしょうか?

 

これであなたのリスクは完全になくなりました。

 

  

この【痔・エンド】で”快適で爽快な生活”を手に入れてください。

 


あなたの人生における、不安や悩みのもとが、

これで綺麗サッパリと解消されることでしょう。


 

追伸:

最近は、小さい子供までも「痔」や「便秘」になっていると聞きます。

やはり、生活環境と食生活からくるのでしょう。

 

小さいうちから、これらを慢性化させると、後で苦労することとなります。

私も子を持つ親として、子供たちに私のような辛い思いをさせたくはありません。

子供の将来を思うのなら当然のことですよね。

 

この【痔・エンド】は、小さい子供でも無理なくできる「治療法」「予防法」です。

可愛い子供たちの将来を考えると、きっと役にたつことと思います。

 

子供たちにも「痔」と「便秘」に無縁な生活を送らせてあげてください。








                                                 鈴木 芳典




弊社に情報をお送りいただける場合は
下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせていただきます。

特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー


       Copyright © 2007  ウッドベル  All Rights Reserved. powerd by infoplate